在旅行地租赁“摩托车”正在成为流行

在旅行地租赁“摩托车”正在成为流行


レンタルバイクでツーリングしよう

用租赁的摩托车旅行吧

 お気に入りのバイクを所有して、週末はツーリングを楽しむ、まだまだこれが一般的なバイカーのスタイルであろう。 周辺アイテムも借りられて、旅先での行動範囲も広がるレンタルバイク  しかし、敢えてバイクを所有せず、レンタルで楽しむバイカーが急増している。 所有からシェアの時代へと移り変わる中、レンタルバイクの魅力とツーリングにおける利便性を紹介したい。

拥有一辆喜欢的摩托车,周末外出游玩,这还是一般的摩托车形式吧。周边物品也可以借用,旅行地的行动范围也扩大了租借摩托车。但是,不刻意拥有摩托车,以租借的方式享受的摩托车客剧增。在从拥有到共享的时代变迁中,介绍一下租赁摩托车的魅力和旅行的便利性。

■レンタルバイクのシステム

■摩托车租赁系统

 レンタルバイクの予約は、原則各社のWebページから入る必要がある。借りたい車両と利用時間を決め、オプションでヘルメットやグローブなどを手配することも可能だ。任意保険は基本的に対人・対物無制限でセットされているが、車両保険はオプション扱いなので、万が一の備えとして加入しておくことをおすすめしたい。店舗は空港近くに構えているケースが多く、現地到着後すぐに出発することができる。また、空港からの送迎、そして荷物預かりが可能なケースが多く、これらのサービスを上手く活用したい。 なお、レンタルには有効な免許証とクレジットカードが必要となり、現金での決済は不可、または条件付きであることが多い。

预约租赁摩托车,原则上必须从各公司的网页进入。还可以决定想要借用的车辆和使用时间,选配头盔和手套等。任意保险基本上是对人、对物无限制设置的,但车辆保险是可选的,所以为了以防万一,建议先加入。店铺大多设在机场附近,到达当地后可以立即离开。另外,很多情况下都可以进行机场接送和行李寄存,希望能充分利用这些服务。另外,出租需要有效的驾照和信用卡,不能用现金结算,或者有附加条件的情况很多。

■バイクの購入費と維持費が不要

■不需要摩托车的购入费和维持费

 バイクを所有する場合は、車両の購入費、維持費、任意保険代、それから税金を負担する必要がある。 一般的にバイクを購入するなら少なくても50~100万円、それからガソリン代が月に1万円、保険代が5000円、そして定期点検や車検代として一回あたり5~10万円の出費が発生する。 多くのバイカーが週末のみバイクに乗ることを考えると、費用対効果は決して高くない。これはショップや借りるマシンによって異なるが、レンタルバイクなら例えば250~400ccクラスのマシンを週末2日間借りても1~3万円程度の出費なので、経済的には所有より合理的と言える。

如果拥有摩托车的话,需要负担车辆的购买费,维持费,任意保险费,还有税金。一般来说,购买摩托车最少也要花费50万~ 100万日元(2.5万-5万元),汽油费每月1万日元,保险费5000日元,定期检查和车检费每次也要花费5万~ 10万日元(2500-5000元)。如果考虑到大多数摩托车手只在周末骑摩托车的情况,其性价比并不高。这个根据商店和租借的机器而不同,以租借摩托车为例,周末租借2天250 ~ 400cc的机器也要花费1 ~ 3万日元左右(500-1500元),从经济上来说比拥有更合理。

■バイクを停める場所が不要

■不需要停放摩托车的地方

 都市部に住んでるバイカーの共通の悩みは、バイクを停める場所の確保だ。 特に賃貸の駐輪場は肩身が狭く、そもそもバイクの駐輪がNGのケースも多い。仕方なくバイク専用パーキングを契約すると、毎月のローンや維持費のほかに痛い出費を負うことになる。だからこそ、所有せず乗りたい時にレンタルするのは実に合理的だ。

住在城市的摩托车的共同烦恼是确保能停摩托车的地方。特别是租赁的停车场,让人觉得很没面子,本来很多情况下就不允许停放摩托车。没办法,只好签了摩托车专用停车场,除了每月的贷款和维修费之外,还要承担一笔沉重的支出。正因为如此,想乘坐而不拥有的时候出租是非常合理的。

■気分や用途によってマシンを選べる

■根据心情和用途选择机器

 例えば最新の大型バイクに乗ってみたい、おしゃれなバイクでカフェに行きたい、長距離が快適なバイクでツーリングをしたいなど、レンタルバイクはバイカーの気分や用途によってマシンを選ぶ楽しさがある。  単に気になるバイクを試してみたいといった試乗感覚の利用者も多く、利用時間も4時間から1週間と実に幅広い。毎回違ったバイクに乗るのもよし、気に入ったバイクを借り続けるのもよし、まるでファッションのようにバイクを選べるのが魅力だ。

例如想骑最新的大型摩托车,想骑时尚的摩托车去咖啡厅,想骑长途舒适的摩托车旅行等,租赁摩托车根据摩托车手的心情和用途选择机器很有趣。很多人只是单纯地想试一试心仪的摩托车,使用时间从4小时到1周不等,范围很广。可以每次骑不同的摩托车,也可以一直租自己喜欢的摩托车,就像选择时尚一样选择摩托车是它的魅力所在。

■週末だけで北海道や沖縄を走れる

■周末就能去北海道和冲绳跑步

 バイカーなら一度は北海道や沖縄をバイクで走りたいと思うものだ。しかし、自走やフェリーで行くにはそれなりの時間を要するのがネックとなる。  そこで登場するのがレンタルバイク、バイカーは飛行機で現地に向かい、そこでバイクを手配する。すると週末の2日間だけでも北海道や沖縄を走れるので、これを利用しない手はない。参考までに沖縄の離島で125ccのスクーターを借りると、1日あたり4000円~と非常に安価だ。

如果是摩托车手,真想骑着摩托车去北海道或冲绳。但是,自己走或者坐渡轮去需要一定的时间,这是一大障碍。在那里登场的是租赁摩托车,摩托车乘飞机去当地,在那里安排摩托车。这样一来,周末两天就能跑遍北海道和冲绳,没有不利用的办法。作为参考,在冲绳的离岛租125cc的踏板车的话,一天4000日元左右(约202元),非常便宜。

■これからの時代のスタンダードはレンタル

■今后时代的标准是租赁

 決してバイクの所有を否定するわけではない、著者もバイクを所有している身だ。しかし、これからの時代は所有よりシェア、つまりはレンタルがスタンダードとなることは間違いない。 バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系ライダー。旅とバイクとアウトドアをテーマに、SNS・ブログ・YouTubeで情報発信をしています。好きな言葉は「自由」嫌いな言葉は「集団行動と就職」

并不是否定摩托车的所有权,作者也是摩托车的拥有者。但是,在今后的时代,合租,即租赁将成为标准。骑着摩托车绕日本2圈、绕澳大利亚1圈的放浪系骑手。以旅行、摩托车和户外为主题,在SNS、博客、YouTube上发布信息。喜欢的词是“自由”讨厌的词是“集体行动和就业”

相关推荐